G-3ZXCNEZR54

限界の加水率!【本田麺業 神田西口駅前店】の【自家製手揉みつけめん 特上】!千代田区。

ラーメン店

週末の夕食に、会社の同僚と【本田麺業 神田西口駅前店】に行ってきました。

JR神田駅の西口を出て、左手すぐ。1分弱。

着きました【本田麺業 神田西口駅前店】です。なかなかシックな佇まい。
このお店は、秋葉原の人気ラーメン店【麺処ほん田】の3号店。
「つけ麺」に注力しているようですね。

選択店外にあるタッチパネルの券売機で食券を購入。
せっかくなので、【自家製手揉み つけめん 特上】1800円と【麺大盛】100円を選択。

タイミング良く、テーブル席が空いていました。
2023年1月の開店当初はすざまじい行列でしたが、1年以上経ち最近はチョット落ち着いてきたみたいです。
店内は、カウンター6席とテーブル14席。
感じのいい男性店員3名で運営です。

テーブル備え付けの調味料は、「自家製果実酢」「藻塩」と「自家製七味」。

待つこと10分弱、まずは麺から到着です。【ご対麺】!

特上だけあって、豊富にトッピング具材がのってます。

程なくつけ汁の到着です。

【ほん田】と言えばの2種類カットのネギが、高級感を出してます。

それでは頂きます。

テーブル下の引き出しから、エプロンと箸を調達。
極太つけ麺は、スープが飛ぶので、エプロンは使った方がいいですね。

まずは、何もつけずそのままの麺をひと啜り、

おー!小麦感バッチリの超太手もみ麺は、「加水率の限界を目指した」との事で、啜り心地が凄い。
うどん用の製麺機で作り、手揉みしているというこの麺は、ツルツルでありながらコシもあってめちゃくちゃ美味しい。
加水率50%超ということは、半分以上水分なんだなー(笑)

続いて、つけ汁に麺を潜らせていただきます。

動物系と乾物のバランスのいい出汁で、醤油カエシのキレが立ってます。
超太麺との相性がよく、非常に旨い。いやー旨い。大盛にしてよかった。

つけ汁に入っている細切りのチャーシューと一緒に麺を。

雲呑は、しっかりした餡をピロピロ皮が包んでいるつくり。好きなタイプ。

味が浸みて、噛み応えのあるメンマ。

鶏の炙り焼きチャーシューです。食感と鶏脂が絶妙。

鴨肉チャーシューは、臭みもなく程よく脂が落とされている感じ。

ラス・ボス、大判のロースト豚肩ロース。旨い・・・

終盤なので、デザートの玉子をカプッと。

200g+大盛り100gの麺ですが、余裕で食べられます。

麺を完食、となれば「出汁割り」をオーダー。

本日は、「生姜」と「ゆず」という事で、「ゆず」をお願い。

「出汁割り」は、「つけ麺」では必須となったラストの楽しみ。
柑橘系の風味が加わって、たまらん・・・

【完食】です。
つけ汁もトッピングも美味しかったのですが、何と言っても麺の迫力に圧倒されました。
【ほん田】よりも、麺に力を入れている感じです。
かーなり美味しかったです。御馳走さまでした。

ラーメン放浪記

Japan Field 〜日本を楽しむ – 人生も終盤に差し掛かったオジサンが日々を楽しむ記録

タイトルとURLをコピーしました