G-3ZXCNEZR54

家系穴場的名店【横浜家系ラーメン 心家】、横浜市港北区。

ラーメン店

知る人ぞ知る「横浜家系ラーメン」の名店【心家】に行ってきました。

有名ラーメン店がひしめく「環状2号線」の終点近く、巨大ショッピングモール【トレッセ横浜】から50m程。

着きました【横浜家系ラーメン 心家】です。
最寄り駅は、東急東横線「大倉山駅」ですが、徒歩だと20分位の距離があるので、買い物ついでに車で来るのがお勧め。
土曜日の開店11:00に到着、前待ち3名。

この店の店主は、東京「青物横丁」の名店【まこと家】出身だそうですので、
「家系図」は、
  【吉村家】ー【本牧家】ー【川崎家】ー【まこと家】ー【心家】
 横浜家系第4世代。

ラーメン800円+味付玉子100円+くきワカメ100円+ライス小100円の食券を購入。
「くきワカメ」は、【川崎家】系譜の特徴ですね。
お好みは全て「普通」で。

店内は、カウンター席のみ15席。
ピカピカのテーブルに、胡椒、お酢、生姜、ニンニク、豆板醤を完備。
店主と女性店員1名(ご夫婦?)のオペレーション。
変形した平ザルを巧みに操る店主の技に見入っていると、あれよあれよと満席です。

先に小ライスから到着。

続いて待つこと5分でラーメン着丼、【ご対麺】です!

来ました【心家 ラーメン】味玉・くきわかめトッピングです。
濃い目の茶色ビジュアルが、目を引きます。

それでは【実食】、まずはスープをひと啜り、

なるほど、うまいです!
【本牧家】譲りのバランス型ですが、多少濃いめの味付。
豚骨出汁は、獣感があり少し荒々しい風味があります。寸胴に大量に載っている「ガラ」がものがたっている感じ。
カエシは、ストレートな塩味が立っているタイプ。
階層での違いはあまり無いながらも、醤油カエシ、鶏油、豚骨出汁それぞれが主張していて、はっきりと味わえます。

麺をいただきます。

太め短めの「酒井製麺」製逆切り中太麺は、丁度いい茹で加減で、店主の腕がいいんだなーと感心。
コシとモチモチ感がたまらない。

大量に載った「茎わかめ」は、臭みもなく歯ごたえがいい。やっぱりこってり系のラーメンに「茎わかめ」はあいますね。【川崎家】系譜の店に行った時は必須です。

麺と一緒に食べます。

更に、ライスに乗せて。

海苔は2枚に見えますが、茎わかめの下に1枚。標準の計3枚。
磯の風味を楽しみます。

もちろん、ほうれん草も浸み浸み。

ほうれん草とライスを海苔で巻いて食べます。NRG(のり・れんそう・ごはん)です。

ほぐし焼豚のトッピングは、オリジナリティーあり。スープを吸っていて美味しい。

焼豚は、以前の脂バラと変わっていて、ホロホロタイプのもの。これもまた旨い。

食べ進めていきます。

終盤に来たので。味玉をカップっと。
旨いラーメン屋の味玉はやっぱり旨いです。

はい!【完食】です。
店名のイメージと違い、割とヤンチャさが特徴の味でしたが、かなり美味しかったです。
御馳走さまでした。

【関連記事】
マルちゃん【ZUBAAAN! ズバーン 横浜家系醤油豚骨】を、お店風にアレンジ。味濃め、油多め、麺硬め!

ラーメン放浪記

Japan Field 〜日本を楽しむ – 人生も終盤に差し掛かったオジサンが日々を楽しむ記録

タイトルとURLをコピーしました