G-3ZXCNEZR54

東京家系ラーメンの源流【とんこつラーメン たかさご家 本店】のチャーシュー麺!横浜市中区日ノ出町。

ラーメン店

横浜家系ラーメンの老舗【たかさご家 本店】に行ってきました。

京急「日ノ出町駅」を出て目の前、

スクランブル交差点の向こうに見える緑色の看板。

到着しました【とんこつラーメン たかさご家 本店】です。
ビルとビルの間にある一軒家、なんかカッコいい(笑)

【たかさご家】は、【六角家】出身の海添氏と初代オーナーの西村氏が、高砂町に出店したのが始まり。

「家系図」は、
 【吉村家】ー【本牧家】ー【六角家】ー【たかさご家】
 横浜家系第2世代。

【関連記事】
横浜家系伝説の味【ラーメン 六角家 戸塚店】のチャーシューメンセット!横浜市戸塚区。

全盛期は5店舗ありましたが、現在は本店と曙町店の2つ。
高砂町の本店が閉店し、日ノ出町店であったこの店が本店を継承。
東京の有名家系ラーメン店、【町田家】や【新中野武蔵家】を輩出したことでも知られています。

入口を入って右手の券売機で、チャーシュー麺900円+ライス100円+味付玉子100円+のり100円のプラ食券を購入。

店内はカウンターのみ15席。男性店員2名でオペレーションです。
ウォーターサーバーでお冷を用意し、空いている席に着席。
お好みは全て「普通」でオーダーしました。

カウンターには、家系標準の調味料群です。

程なくライスの提供。

サービスの「青かっぱ漬け」は、【たかさご家】が元祖ですね。

5分程でラーメン到着、それではご対麺!

若干やんちゃ感のあるビジュアル。
扇状の海苔と厚めのチャーシューがいい感じ。

では【実食】、いただきます。

まずはスープをひと啜り、

ん-うまーい。
あまり階層分離していないスープで、クラシカルな家系の味。
割と醤油の塩味が立ってますが、追ってくる豚骨の甘味が奥深い。

トッピングをかき分けて、麺をいただきます。

気持ち細めの「酒井製麺」製の麺は、「普通」でも割と硬めのしあがり。
コシがあって食感がいいです。美味しい。

よく茹でられたほうれん草は、スープをたっぷり纏ってる。

10枚ある海苔を使って、磯の風味を楽しみます。

ご飯と漬物を海苔で巻いて食べます。NKG(のりかっぱご飯)(笑)

大振りのチャーシューは、バラ肉の煮豚。
脂身が多めで、パンチのある食べ応えです。
味付自体は薄めですが、スープに浸して丁度いい。
旨いなー。

ライスにバウンドさてて喰らいます。

デザートの味玉はシッカリ味が浸みてますね。硬めの半熟。

終盤に来ると、麺がもっちりしてきます。

はいっ【完食】です。
老舗の一杯、大変美味しかったです。
特にチャーシューのインパクトが印象的。
御馳走さまでした。

ラーメン放浪記

Japan Field 〜日本を楽しむ – 人生も終盤に差し掛かったオジサンが日々を楽しむ記録

タイトルとURLをコピーしました